糖尿病は、目にどんな影響を与えるか?

目の奥にある網膜は、ものを見るために重要な役割をはたしています。その網膜には、視神経細胞が敷きつめられ、栄養や酸素を 補給する血管が、網のように走っています。

糖尿病にかかって高血糖状態が長く続くと、この血管がもろくなり、一部が膨らみコブをつくり(動脈瘤)出血します。(単純性網膜症)単純性網膜症から増殖性網膜症に進行すると、小さな 血管が血栓でつまったり、つまって血流が途絶えた部位に、血流を補充するために新しい血管(新生血管)が出来ます。この新生血管は、急ごしらえの ため非常に脆く、出血しやすいのです。出血すると、網膜に増殖組織(膜)が張り、網膜剥離をおこすこともあります。新生血管緑内障をおこすこともあります。

また、糖尿病があると、白内障が、早く進行します。
白内障は、手術をすれば良いのですが、血糖値が高いと手術も困難で、血糖値のコントロールが先決となります。

糖尿病性腎症が悪化すると、腎性網膜症を併発し、視力低下などの目の症状が出てきます。
そんなわけで、糖尿病にかかると、目の方にもいろいろな影響が出てくるのです。
糖尿病性網膜症は、進行すると失明に至る場合もあります。

糖尿病は、内科できちんと治療を受けることが、もちろん一番大事ですが、糖尿病性網膜症は、かなり進行するまで自覚症状が出ないことも多いので、眼科を受診して眼底検査を受けて下さい。

糖尿病による失明を防ぐために

最近、「日本人の失明の大きな原因の一つに、糖尿病があげられるようになってきた」と言う報告がありました。

最近の医学の進歩により、糖尿病の内科治療も画期的になり、糖尿病に罹っている方も、長生きして頂ける時代になりました。

でも、せっかく長生きして頂いても、「糖尿病性網膜症で目が見えない」と言うような事態は、避けたいと思います。

糖尿病性網膜症は、糖尿病になってから、数年から10年くらいで発症することが判っています。

最初は小さな眼底出血から始まりますが、この時点では、自覚症状はありません。

眼底検査をして、はじめて、わかります。

人間の身体の中で、血管や神経が透けて見えるのは、目だけですので、眼底検査は、糖尿病に限らず、いろんな異常がチエック出来る重要な検査の一つなのです。

また、糖尿病があると、加齢現象より早めに白内障が出て来ます。

もちろん、一番大事なことは、内科で血糖値のコントロールをして頂くことなのですが、それと平行して、眼底検査も受けて頂くことをおすすめします。