コンタクトレンズをインターネットで購入する患者さんが増えています

「インターネットで購入すると安価」「眼科での定期検査を兼ねて、購入しに行く時間がない」
などの理由で、コンタクトレンズをインターネットで購入する患者さんが増えています。

快適に装用し続けて頂ければ良いのですが、眼に異常をきたして来院される患者さんも多いです。

「コンタクトレンズを装用したい」と眼科に来られた患者さんに対して、眼科医は、
屈折検査(近視遠視乱視等の度合いを調べる)、
矯正視力検査、
角膜曲率半径計測(黒目のカーブを測る)、
眼位検査(斜視等がないか調べる)、
細隙灯顕微鏡検査(結膜、角膜、水晶体に異常がないか)
眼圧検査(緑内障などの検査)、
眼底検査、
等々をおこない、コンタクトレンズを装用する際に問題になるような目の病気が無いことを確認して、
その患者さんの目にあったコンタクトレンズを、お勧めします。

コンタクトレンズメーカーは沢山あり、デザイン・材質・ベースカーブ・直径なども少しずつ違いますので、実際に装用してみないと合うか合わないかわかりません。
患者さんの目に合ったコンタクトレンズを、メーカー、ベースカーブ、度数、直径など、装用した状態で、コンタクトレンズの動きを見ながら選びます。
通販で購入したコンタクトレンズも、装用して問題ないか、眼科でチエックしてもらった方が安心です。

帯状疱疹

 「何となく片方の目の辺りに違和感がある」「うっとうしい目と同じ側に、頭痛がする」と来院される患者さんで、眼科的な検査で異常なく、帯状疱疹の前駆症状ではないか、と 内科に紹介することがあります。

 翌日くらいから、額の皮膚に水泡が拡がり、強い痛みを生じます。抗ウイルス薬の内服・点滴などで、治療します。

 逆に、帯状疱疹で内科や皮膚科を受診後に、「目の方は大丈夫か?」と、眼科受診される患者さんもおいでです。

 水痘帯状疱疹ウイルスに一度感染すると、ウイルスは休眠期に入り神経根内にとどまります。そのウイルスが再活性化し、皮膚に広がって帯状疱疹を起こします。額や鼻が 感染した人の約半数は眼も感染し、帯状疱疹が出ている側の皮膚と同じ側の眼に症状が出ます。

 眼に感染すると、眼の痛み、充血、 光への過敏、まぶたの腫れを引き起こします。ブドウ膜炎(角膜の後ろの組織に炎症が生じる)を起こす場合もあります。

 高齢の患者さんなどでは、皮膚の水泡が治癒しても、ピリピリした痛みや違和感が持続する場合が多いです。

 疲労や加齢によって、体力低下し免疫力が落ちた場合に、ウイルスが再活性化しやすいようです。
くれぐれも無理のしすぎは禁物ですね。