加齢とともに、見えにくくなる原因

最近、60代で「以前より見えにくくなった」と訴えて来院される方が増えています。原因はいくつかあるのですが、主に下記のようなものが考えられます。

1.遠視

若い頃から、遠くは良く見えており40歳過ぎから老眼鏡が必要になったが、最近遠くまで見えにくくなってきた方。 水晶体の柔軟性が失われ、ピントを合わせる調節力が低下してきています。 遠視のメガネをかけると、レンズの助けを借りてピントが合いやすくなり、遠くも良く見えて、楽になります。

2.乱視
同様に、水晶体が硬くなり調節力が低下してきているので、若い頃よりピントが合いにくくなり、見えにくいと感じるようになります。 乱視のメガネをかけると、見えやすく楽になります。

3.白内障
さらに、水晶体が混濁して、白内障となってくると、ますますピントが合いにくくなり見えにくくなります。白内障でも、視力1.0見える場合もありますが、若い頃のようなスッキリ鮮明な1.0ではないでしょう。 白内障に対する治療としては、水晶体の混濁を除去し、人工レンズを入れる手術を行ないます。

4.緑内障

眼圧が高い緑内障もあれば、正常眼圧緑内障(眼圧は正常範囲だが、視神経が弱って、視野が狭くなってくる)もあります。
視神経乳頭の陥凹の拡大、OCTで視神経繊維層の厚みが減少、視野検査で視野狭窄や暗点を認めるなどの異常があれば、点眼治療を開始した方がよいでしょう。手術が必要な場合もあります。

5.その他

黄斑変性、高血圧や糖尿病による眼底出血や血管閉塞等もよくみられる原因です。

以上、駆け足ですが「加齢に伴って見えにくい原因となるような目の病気」の主なものを挙げてみました。それぞれの眼疾患について詳しくお伝えすると長くなってしまうのでまた別の機会に…。