複視(物がダブって見える)

中高年の患者さんで、複視を訴えて来院される方を見かけます。

複視には、片目で見た時にダブって見える「片眼性複視」と両眼で見た時にダブって見える「両眼性複視」があります。

「片眼性複視」は、その目の病気(角膜の病気や白内障など)や乱視などの原因が考えられます。

片目だけで見るとダブって見えることはないけれど、両眼で見るとダブって見えると言う「両眼性複視」の場合は、目を動かす筋肉や神経の異常が疑われます。

1.外斜視(片目が外側を向いてしまう)
外斜視、眼瞼下垂(片目の上まぶたが下がって来る)、眼球運動障害などの症状が見られる場合に動眼神経マヒが考えられます。
瞳孔障害(瞳が開いて、対光反射がない)も伴う場合は、脳動脈瘤である可能性が高く、脳動脈瘤が破裂するとクモ膜下出血を発症して、命にかかわることもあるため、早急に頭部MRIなどの精密検査が必要です。
検査の結果、脳神経外科による処置が必要となることもあります。
動眼神経の虚血や脳梗塞、頭部外傷なども、原因として考えられます。

2.内斜視(片目が内側を向いてしまう)
脳血管障害、糖尿病、高血圧症、頭部外傷、脳腫瘍、多発性硬化症などの脱髄疾患、ウイルス感染などが原因で、片側あるいは両側の外転神経(眼球を外側に動かす神経)マヒを起こし、内斜視となり、複視を起こします。

3.滑車神経麻痺(かっしゃしんけいまひ)・上斜筋麻痺(じょうしゃきんまひ)
血管障害、外傷が原因となることが多いです。

4.甲状腺眼症
甲状腺機能の異常に伴って、眼球運動障害、眼瞼腫脹、眼瞼後退、眼球突出などをきたす病気です。
甲状腺ホルモンの数値が正常でも、甲状腺関連の自己抗体が存在すると甲状腺眼症を発症することがあります。
眼周囲の筋肉が腫れて、眼球運動障害を来します。

5.眼筋型重症筋無力症
自己抗体のために神経から筋肉へ命令を伝える部位において、神経伝達が上手にできなくなる病態で、筋肉の疲労が蓄積したり、脱力を来したりする病気です。
特に眼周囲のみの症状を来すものを眼筋型と呼び、眼瞼下垂、眼球運動障害などの症状をきたします。

原因となる病気の治療が第一ですが、複視に対してはプリズム装用で自然治癒を待つ場合もあります。
半年以上たっても斜視が治らず複視が続く場合は、斜視手術も考えます。

複視を自覚した場合は、速やかに眼科を受診されることをお勧めします。

(日本眼科学会・日本弱視斜視学会のホームページの記載を参考にしました)

涙が出る

涙があふれるほど出る原因は主に下記の二つです。
1.「ゴミが入った時、逆まつげ、黒目に傷が入った時など眼球の病気のため、涙の分泌が増えている場合」
2.「涙の流れる道に障害がある場合」

1については、ドライアイで「目が乾いて痛い」のだけれど、涙が角膜(黒目)を十分に覆わないため、角膜にキズがつき、反射的に涙が出る、と言う場合もあります。
また、加齢とともに球結膜(白目)がたるんできて、流涙・異物感・目が乾く、などの症状が出る「球結膜弛緩症」もあります。(球結膜弛緩症は、点眼液で様子をみることも多いですが、結膜切除術をおこなうこともあります)

2については、導涙障害で「悲しくて泣いているわけでもないのに涙が出て困る」と訴えて受診される方、中でも、「冬場に冷たい風に当たると、涙があふれる」と言う方は多いです。道で出会った知人に「どうしたのですか?」と訊かれたり、目の周りの化粧が剥げたり、ハンカチが手放せないと。

目を洗った涙は、下まぶたの目頭のところにある涙点から鼻涙管を通って、鼻の方にながれていきます。
涙は、下眼瞼の筋肉のポンプ作用で涙点に入って行きますが、その筋肉の力が低下している。涙点が詰まっている。鼻涙管が細くなっている。先天的な場合もありますが、加齢とともに、涙道が細くなり涙があふれて困る、と言うことになるようです。

治療としては、鼻涙管にシリコンチューブを留置して涙道を拡げ、何週間かして抜去するシリコンチューブ留置術、涙嚢の横の骨を削って穴を開け、涙能と鼻腔の粘膜をつないで人工的に涙道のバイパスを作る涙嚢鼻腔吻合術が、あります。

もし理由もないのに涙が溢れるようなことがあればぜひご相談ください。

眼底出血の話 その2

目は、皮膚に覆われた他の臓器と違って、角膜(黒目)が透明なため、眼底を覗いて見ることが出来ます。
眼底検査を受けると、網膜血管の状態がわかります。
眼底血管の動脈硬化の程度は、全身の動脈硬化の程度を反映しています。
全身の動脈硬化により起こりうる脳梗塞・脳出血、心筋梗塞などの心疾患、腎不全などを防ぐ手だてとなります。

眼底には、視神経乳頭から出た血管が網の目のように網膜に張り巡らされています。
網膜の手前の眼球腔を、硝子体(透明なゲル状の液体)が埋めています。
網膜から、硝子体までの出血を、眼底出血と呼びます。

網膜の出血には、いろいろな原因があります。
糖尿病や高血圧などの内科疾患があると、動脈硬化をおこして血管壁が柔軟性を失い硬くなり、血管が詰まりやすくなって、眼底出血を起こします。
老人性黄班変性症や高度近視の場合も、眼底出血をおこすことがあります。
外傷も眼底出血の原因となります。
貧血、白血病といった血液疾患でも、眼底出血は生じます。

眼底出血を生じた場合、原因を調べ、造影剤を用いた検査で出血の部位・程度・新生血管がないか、などを調べます。
新生血管はもろく再出血の原因になるので、レーザー治療が必要です。
眼底出血に対しては、薬物治療もあります。

「見えにくい」「加齢」「内科疾患がある」などのばあい、まずは眼科受診をお勧めします。

白内障の手術を受けたあとに

白内障は、眼球の中でレンズの役目をしている水晶体が加齢に伴い濁ってくる病気です。
加齢以外に、先天性白内障・アトピー性白内障・ステロイド白内障などありますが、加齢性白内障は、ほとんどの人が年をとるにつれて発症します。
治療は手術しかありません。

昨今の白内障手術は目覚ましく進歩し、ほとんどの場合、片目10分前後で終わります。
ただ、距離に応じて厚みを変えピントを合わせていた水晶体を除去し、代わりに厚みの変わらない人工レンズを入れるのですから、子供の頃のように裸眼で何もかも見えるようになる訳ではありません。
術前に「遠くか、近くか、どれくらいの距離が見たいか?」と希望を出し、それを基に眼内レンズの度数を決めるのですが、術後「色は鮮明に見えるが、ピントが合いにくい」と戸惑われることもあります。

術後1~2か月のうちに浮腫もなくなり、視力が安定してきますので、その頃に眼鏡合わせをします。
遠く用の眼鏡、近くを見る眼鏡、など、希望に応じて合わせます。
お仕事の都合上、2か月も待てず、仮眼鏡を作られる場合もあります。

術後視力が出にくい場合は、まれですが合併症の場合もあり、緑内障や黄斑変性など他の病気がある場合もあります。
(術前に他の眼疾患がないか検査はするのですが、水晶体の濁りが強いとわかりにくいこともあります)

寿命が延びて、高齢者も元気で活躍して頂ける時代になりました。
白内障手術の後も、眼鏡を上手く使って、快適な生活を送って頂きたいと思います。

いつの間にか、視野が欠けている(緑内障の怖さ)

中年以降の方で

「車を運転していて、横から出て来る車に気がつかなかった」

「最近、よく車を擦ったりぶつけたりすることが増えた」

と言う症状を訴えて来院される患者さんをお見かけします。

「見えてはいるのだけれど」とおっしゃる通り、中心視力は緑内障がかなり進行するまで保たれていることが多いのですが。
眼底検査をすると、視神経乳頭の陥凹の拡大(視神経の中央の窪みが拡大している)を認めます。
OCTの結果では、視神経繊維層の厚みが減少しています。
視野検査をすると、視野が狭くなったり、暗点(見えない部分)があります。
眼科医は、緑内障の治療を開始して、経過観察を続けます。

日本人の平均寿命が延び、90歳100歳と長生きされる方が増えました。
40代~60代で視野欠損が見つかった患者さんも、出来る限り、生活に不自由なく見え続けて頂けたら、と願います。

「何となく見えにくくなってきた」
「目が疲れる」
「目が重い。うっとうしい」
などの症状があれば、早めに眼科を受診されるよう、おすすめします。

学童の色覚検査について

以前は小学校1年・4年・中学1年と、義務教育の期間に3回学校で色覚検査を施行していました。

視力検査と同じように学童達が順番に並んでと言うやり方だったため、プライバシーの侵害問題になり「希望者のみ施行」と言うやり方に変わりました。
ところが「希望者のみ」と言うことになると、受けない学童も増え、実際にいざ進学・就職となって職業選択の際に困った!と言うケースが増えて来ました。
そこで最近は、学校側から、保護者に色覚検査の希望の有無を確認し、希望者は個室で一人ずつ検査を受けるというやり方になっています。

色覚異常は治療で治るものではなく生涯において悪化していくものでもありません。
ただ、自身の色覚異常の有無や異常の程度を知っておけば、進路の選択・将来の職業選択の際に参考に出来ます。

例えば、色覚異常の場合は警察官、多数の乗客を乗せる船舶・航空機の操縦士、染色・内装・塗装等の色彩を扱う職業、配線の被覆ビニールの色の判別が必要な電気工事屋さんなどの職業は、避けた方が良いと思われます。医師や理科の教師なども以前より制限は減っていますが、実際に動静脈血や組織標本の色を判別するとか実験時の化学反応の色を判別するなどの場合は難しいこともあります。

学校の色覚検査で色覚異常が疑われた場合は、眼科でさらに詳しい検査を受けて、将来の進路を選ぶ参考にして下さい。

花粉症の季節

今年も、花粉症の季節になりました。
今年は、年始が4月半ばのような暖かい日が続きましたので、花粉の飛散時期が早くなるだろうと予想されていました。
その後、いったんは寒くなりましたが、少し春めいて気温が上昇するにつれて、花粉が飛び始めたようです。

アレルギー性鼻炎は、抗アレルギー剤の内服で症状がかなり改善しますが(副作用として眠くなりますが)、アレルギー性結膜炎に対する治療は、点眼が効果的です。
抗アレルギー剤の点眼でも、症状は軽減しますが、どうしてもつらい時は、低濃度のステロイド点眼薬が効きます。
長期間にわたる使用や高濃度のステロイド点眼薬は、細菌感染に対する免疫力を低下させる、あるいは、ステロイド緑内障をおこすことがありますので、注意が必要です。

抗アレルギー剤の点眼薬は、内科小児科耳鼻科等でも処方してもらっている患者さんが多いですが、それでもつらいと言う方は、眼科を受診されることをお勧めします。

適度な運動をして、全身の血液循環を良くすること、睡眠不足や過労を避けることが、少しでも症状を軽くするのに効果的です。

今年も、何とか、この花粉症のつらい時期を乗り越えたいものです。

眼底出血

本日は眼底出血についてご説明いたします。若干専門的なお話になってしまいますが、お悩みの方にご参考になれば幸いです。

■症状
出血の起きる場所によって症状は違ってきます。
周辺部の出血では、ほとんど自覚症状がない場合もあるくらいですが、中心部に出血すると視力が低下します。
視力がどの程度まで悪くなるか、どの程度回復するかは、どこに出血したかによって決まります。
出血した場所は視野が欠けることもあります。
治療が遅れてしまうと著しく視力を低下させ、視力が回復しなかったり、最悪の場合は失明することもありますので注意が必要です。
さらに眼底出血が眼球の広い範囲に及んでしまうと、眼圧を上昇させ、緑内障をともなってしまうこともあります。

眼底出血のなかでも、一番多いのが網膜静脈分枝閉塞症です。
網膜静脈分枝閉塞症とは網膜静脈に血栓ができて、血液の流れが悪くなる病気です。
詰まる部位によって網膜中心静脈閉塞症と網膜静脈分枝閉塞症があります。
網膜中心静脈閉塞症は、治療しても現状維持が精いっぱいと言う場合が多いです。

■原因
1.高血圧・糖尿病・腎臓病などの全身病による網膜(硝子体)出血(糖尿病網膜症、高血圧性眼底、網膜中心静脈閉塞症、加齢黄斑変性)
2.網膜血管の動脈硬化を基盤に生じる網膜(硝子体)出血
3.外傷による網膜(硝子体)出血
4.後部硝子体剥離による網膜裂孔形成の際に生じる網膜(硝子体)出血

■治療
まず、血液の流れを良くする薬を使います。
出血が起きた場所は、血液が流れなくなり、新しい血管が出来てきます。新しい血管はもろく出血しやすいのでレーザー治療をして網膜を凝固し、再出血を防ぎます。
レーザーで凝固すしても、再出血を防ぐだけで、視力が元にもどる訳ではありません。
視力がどこまで快復するかは、あくまでも出血した場所に関わってきます。