複視(物がダブって見える)

中高年の患者さんで、複視を訴えて来院される方を見かけます。

複視には、片目で見た時にダブって見える「片眼性複視」と両眼で見た時にダブって見える「両眼性複視」があります。

「片眼性複視」は、その目の病気(角膜の病気や白内障など)や乱視などの原因が考えられます。

片目だけで見るとダブって見えることはないけれど、両眼で見るとダブって見えると言う「両眼性複視」の場合は、目を動かす筋肉や神経の異常が疑われます。

1.外斜視(片目が外側を向いてしまう)
外斜視、眼瞼下垂(片目の上まぶたが下がって来る)、眼球運動障害などの症状が見られる場合に動眼神経マヒが考えられます。
瞳孔障害(瞳が開いて、対光反射がない)も伴う場合は、脳動脈瘤である可能性が高く、脳動脈瘤が破裂するとクモ膜下出血を発症して、命にかかわることもあるため、早急に頭部MRIなどの精密検査が必要です。
検査の結果、脳神経外科による処置が必要となることもあります。
動眼神経の虚血や脳梗塞、頭部外傷なども、原因として考えられます。

2.内斜視(片目が内側を向いてしまう)
脳血管障害、糖尿病、高血圧症、頭部外傷、脳腫瘍、多発性硬化症などの脱髄疾患、ウイルス感染などが原因で、片側あるいは両側の外転神経(眼球を外側に動かす神経)マヒを起こし、内斜視となり、複視を起こします。

3.滑車神経麻痺(かっしゃしんけいまひ)・上斜筋麻痺(じょうしゃきんまひ)
血管障害、外傷が原因となることが多いです。

4.甲状腺眼症
甲状腺機能の異常に伴って、眼球運動障害、眼瞼腫脹、眼瞼後退、眼球突出などをきたす病気です。
甲状腺ホルモンの数値が正常でも、甲状腺関連の自己抗体が存在すると甲状腺眼症を発症することがあります。
眼周囲の筋肉が腫れて、眼球運動障害を来します。

5.眼筋型重症筋無力症
自己抗体のために神経から筋肉へ命令を伝える部位において、神経伝達が上手にできなくなる病態で、筋肉の疲労が蓄積したり、脱力を来したりする病気です。
特に眼周囲のみの症状を来すものを眼筋型と呼び、眼瞼下垂、眼球運動障害などの症状をきたします。

原因となる病気の治療が第一ですが、複視に対してはプリズム装用で自然治癒を待つ場合もあります。
半年以上たっても斜視が治らず複視が続く場合は、斜視手術も考えます。

複視を自覚した場合は、速やかに眼科を受診されることをお勧めします。

(日本眼科学会・日本弱視斜視学会のホームページの記載を参考にしました)