緑内障は、早期発見・早期治療が決め手です

このエントリーをはてなブックマークに追加

年々、感染症に効く薬の開発が進み、白内障手術の技術も進歩しています。眼科の病気の概念もずいぶん変わってきました。
日本人の平均寿命は伸びていますので、生命ある限り、良い視機能を保持して頂きたいと思います。

緑内障とは、一般的には、眼圧が高くなって視神経を圧迫した結果、視神経が 障害され、視野が狭くなる病気です。
(眼圧とは、簡単に言うと、目の硬さです。  その硬さがほぼ一定であるために、目は球形に保たれています。)
眼圧が正常でも、視神経の血流が障害されたり、視神経の強度などが関係し たりして、視野が狭くなってくる正常眼圧緑内障もあります。 (「正常眼圧緑内障について」のトピックスを御参照下さい。)

緑内障の自覚症状は、眼圧が急に上がった時には眼痛、頭痛、吐き気などがあ りますが、「何となく目がうっとうしい」くらいの訴えが多いようです。 「見えにくい」「視野が狭い」と言うような自覚症状があった場合は、緑内障 がかなり進行していることがあります。

眼圧検査・眼底検査・視野検査などをおこない、早期に発見することが大切で す。
異常が見つかれば、点眼薬の治療から始めます。
進行具合をチエックしながら、経過観察を続けます。
点眼療法で効きにくい場合は、レーザー治療や、手術治療も考えます。

緑内障は、早期発見・早期治療そして進行を防ぐべく定期検査が大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>