正常眼圧緑内障について

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、人間ドックや職場の検診後の報告書を持って、受診される患者さんが増えています。

眼底写真を撮ってもらったら、「視神経乳頭陥凹の拡大を認めます。緑内障の検査を受けて下さい。」と言われた、とのことです。

視力は良いし、眼圧も正常値(日本人では、10~20mmHgとされています)。

でも、たしかに、眼底を覗くと、視神経の真ん中のくぼみの部分が、広いし、深い。

こう言う場合は、まず正常眼圧緑内障を疑います。

診断の決め手は、視野検査です。

視野検査で、異常なければ、1年に一回程度、経過観察をしていきます。

視野の狭まった部分や、見えない部分(暗点と呼びます)が見つかれば、それ以上進行しないように、まず目薬による治療を開始します。

初期のうちは、自覚症状がないので、視野検査で異常がないかチエックすることが大切です。

「白内障と緑内障は、どう違うのですか?」と言う質問も、よく受けます。

白内障は、目の中の水晶体(レンズ)の濁りによって見にくくなる病気で、現在では、比較的簡単に手術で視力回復が可能です。

ところが、緑内障は、眼圧が高いタイプでも、眼圧がそんなに高くないタイプでも、
視神経がだんだん衰えて、視野の一部が見えなくなりますので、
日常生活する上で、とても不自由な状態になります。

いったん視野欠損をきたすと、回復するのは困難です。

日本人の平均寿命も年々延びてきています。

生命ある限り、出来るだけ良好な視機能を保持して、人生を楽しんで頂きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>