黄斑部の病気

このエントリーをはてなブックマークに追加

人間の目をカメラにたとえると、フィルムに当たるのが網膜です。 その網膜の中で、視力をつかさどる大事な細胞が集中し、最も鮮明にピントの 合った像を結ぶ部分が、黄斑部です。

黄斑部に異常が生じると、ものの形、大きさ、色、立体、距離など光の情報の 大半が識別出来なくなり、ものがハッキリ見えなくなります。
黄斑部の網膜に、穴があいて、見えにくくなる「黄斑円孔」。 黄斑部の血管壁がゆるんで、血漿成分が浸み出し、網膜がむくんで、見ようと する真ん中が見にくくなる「中心性滲出性網膜症」。 黄斑部に年齢的な変化・変性が生じて、網膜や脈絡膜に出血やむくみを生じ、 視野の中心が見にくくなる「加齢黄斑変性」。 糖尿病性網膜症の中でも、黄斑部に異常が生じ、視力が低下する「糖尿病性黄 斑症」。

眼科では、患者さんの症状を訊き、 視力検査、眼底検査、蛍光眼底造影検査(腕から造影剤の点滴注射を行い、眼 底血管を造影して、病状を調べる)などの検査をおこないます。
治療は、内服薬、レーザー光線による治療、手術など、病気の状態により、選 択されます。

黄斑部は、視力を出す重要な部位なので、治療の効果も、なかなか難しい場合 が多いのですが、 治療技術の著しい進歩により、視力回復が得られる場合も多くなりました。

平均寿命が伸びても、目の方も、良好な視力を保ち、充実した生活をすごして 頂きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>