快適に見える生活

このエントリーをはてなブックマークに追加

何となく見えにくい」「目がかすむようで、うっとうしい」
と言って眼科を受診される患者さんを、よく見受けます。

原因は、いろいろあるのですが、ざっと挙げてみます。

(1)屈折異常
近視、遠視、乱視、老視などが原因で、ピントが合いにくくて見えにくい。
あるいは、視力を測ると、思ったより良く見えているのですが、長い間見て
いると、かすんできたり、目が疲れて目の奥が痛くなってきたりする。

(2)眼位の異常
斜視や斜位があるため、見えにくかったり、疲れたりする。

(3)眼瞼、結膜、角膜の異常
メイボが出来て、うっとうしい。
結膜炎で、目やにが出たり、白目が腫れたりして、うっとうしい。
角膜(黒目)に傷が入ったり、炎症をおこしていて、うっとうしい。

(4)白内障
若い頃に比べて、何となく、見えにくい。
まぶしい。
暗い所で、見えにくい。

(5)緑内障
何となく、うっとうしい。
頭が重い。
視野の中で、見えにくい部分がある。

(6)眼底(目の奥)の病気
眼底出血(高血圧・糖尿病に罹っている場合は、発症しやすいです。)
加齢黄斑変性
網膜剥離
などの病気があるために、見えにくくて、うっとうしい。

加齢に伴う飛蚊症の場合は、病気ではないので、すぐには心配ないのです
が、経過観察が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>