コンタクトレンズをインターネットで購入する患者さんが増えています

このエントリーをはてなブックマークに追加

「インターネットで購入すると安価」「眼科での定期検査を兼ねて、購入しに行く時間がない」
などの理由で、コンタクトレンズをインターネットで購入する患者さんが増えています。

快適に装用し続けて頂ければ良いのですが、眼に異常をきたして来院される患者さんも多いです。

「コンタクトレンズを装用したい」と眼科に来られた患者さんに対して、眼科医は、
屈折検査(近視遠視乱視等の度合いを調べる)、
矯正視力検査、
角膜曲率半径計測(黒目のカーブを測る)、
眼位検査(斜視等がないか調べる)、
細隙灯顕微鏡検査(結膜、角膜、水晶体に異常がないか)
眼圧検査(緑内障などの検査)、
眼底検査、
等々をおこない、コンタクトレンズを装用する際に問題になるような目の病気が無いことを確認して、
その患者さんの目にあったコンタクトレンズを、お勧めします。

コンタクトレンズメーカーは沢山あり、デザイン・材質・ベースカーブ・直径なども少しずつ違いますので、実際に装用してみないと合うか合わないかわかりません。
患者さんの目に合ったコンタクトレンズを、メーカー、ベースカーブ、度数、直径など、装用した状態で、コンタクトレンズの動きを見ながら選びます。
通販で購入したコンタクトレンズも、装用して問題ないか、眼科でチエックしてもらった方が安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>