雪目

このエントリーをはてなブックマークに追加

春スキー(やスノーボードなど)を楽しむ季節です。
晴れた日のゲレンデを滑るのは、本当に気持ち良いのですが、雪眼炎(雪目)にご注意下さい。

角膜(黒目)は、長時間直接紫外線にさらされると、表面が傷つき炎症をおこします。雪面に反射した強い紫外線にさらされてから6~10時間経つと、「結膜の充血」、「目がゴロゴロする」、「涙が出る」、「目が痛くてまぶしい」などの症状があらわれます。
1~2日のうちに、治りますが、かなり痛くてつらいです。
電気溶接や殺菌灯の紫外線でも、同様の症状がおこり、これは、電気性眼炎と呼ばれます。
強い紫外線にさらされる場所では、紫外線から目を保護するためのサングラスやゴーグルを装用しましょう。

上達めざして無我夢中で滑っていたスキーヤーが、帰って来たら、目が痛くて光が眩しく感じられるようになり、来院されたら虹彩炎をおこしていた、と言うケースがありました。
ゴーグルは装用していたのですが。

ゴーグル装用はもちろん必要ですが、疲れすぎないように、時々休憩して、楽しんで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>