加齢に伴う眼疾患

このエントリーをはてなブックマークに追加

加齢とともに、神経細胞も血管や器官の細胞も劣化していきます。
目も例外ではありません。

「目が見える」という機能は、角膜(黒目)から入った光が水晶体(レンズ)で集光し、視神経の細胞が散在する網膜に投影され、視神経から脳へと伝わっていくことで成り立っています。したがってそれぞれの器官の劣化はなんらかの「見えにくい」と言う症状であらわれます。

1.老眼
加齢とともに水晶体が柔軟性を失い、ピントを合わせる調節力が低下してきます。
対策としては、老眼の程度に応じて眼鏡を装用します。

2.白内障
水晶体が硬くなるだけではなく、濁ってきます。
透明だった水晶体が濁ってくるとスリガラスを通して見るように見えにくくなります。
治療は、水晶体の混濁を除去し人工レンズを入れる手術をします。

3.緑内障
加齢とともに視神経が障害され、視野障害が起こります。
治療は、点眼薬か手術で眼圧を下げ視神経を保護します。

4.網膜の病変
網膜には、全身の他の器官と同様に、血管を通して酸素や栄養が運ばれ老廃物が運び去られます。
高血圧症・高脂血症・糖尿病などにかかっていると、動脈硬化をおこしやすく血管がもろくなったり、出血しやすくなります。網膜動脈閉塞症、網膜静脈閉塞症、糖尿病性網膜症、加齢黄斑変性、黄斑上膜など、加齢に伴っておこる眼底疾患は、たくさんあります。

内科疾患の治療が、もちろん必要ですが、日頃から、規則正しい生活・バランスの取れた食事・適度な運動・十分な睡眠・飲酒喫煙を控える、などが大切だと痛感します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>