涙が出る

このエントリーをはてなブックマークに追加

涙があふれるほど出る原因は主に下記の二つです。
1.「ゴミが入った時、逆まつげ、黒目に傷が入った時など眼球の病気のため、涙の分泌が増えている場合」
2.「涙の流れる道に障害がある場合」

1については、ドライアイで「目が乾いて痛い」のだけれど、涙が角膜(黒目)を十分に覆わないため、角膜にキズがつき、反射的に涙が出る、と言う場合もあります。
また、加齢とともに球結膜(白目)がたるんできて、流涙・異物感・目が乾く、などの症状が出る「球結膜弛緩症」もあります。(球結膜弛緩症は、点眼液で様子をみることも多いですが、結膜切除術をおこなうこともあります)

2については、導涙障害で「悲しくて泣いているわけでもないのに涙が出て困る」と訴えて受診される方、中でも、「冬場に冷たい風に当たると、涙があふれる」と言う方は多いです。道で出会った知人に「どうしたのですか?」と訊かれたり、目の周りの化粧が剥げたり、ハンカチが手放せないと。

目を洗った涙は、下まぶたの目頭のところにある涙点から鼻涙管を通って、鼻の方にながれていきます。
涙は、下眼瞼の筋肉のポンプ作用で涙点に入って行きますが、その筋肉の力が低下している。涙点が詰まっている。鼻涙管が細くなっている。先天的な場合もありますが、加齢とともに、涙道が細くなり涙があふれて困る、と言うことになるようです。

治療としては、鼻涙管にシリコンチューブを留置して涙道を拡げ、何週間かして抜去するシリコンチューブ留置術、涙嚢の横の骨を削って穴を開け、涙能と鼻腔の粘膜をつないで人工的に涙道のバイパスを作る涙嚢鼻腔吻合術が、あります。

もし理由もないのに涙が溢れるようなことがあればぜひご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>