小学校の就学時健診に行きました

このエントリーをはてなブックマークに追加

来春入学予定の子供達を、5年生が引率して視力検査・聴力検査・眼科・耳鼻科・内科と、校内を回ります。

診察する校医の隣で、誘導したり出席簿にチエックしたりお手伝いしてくれるのも5年生です。

手の空いた時に、そんな5年生の話を聴いていると、勉強以外に、読書やスポーツを楽しんでいる様子でホッと安堵します。

最近視力検査に来院する子供達を診ていると、どんどん近視が進行していくケースが、以前とは比較にならないほど増えています。
そう言う子供達に共通するのは、ほとんどの場合、一日のうち長い時間を、ゲームやスマホや携帯をいじって過ごしていることです。
まだ視機能も発達途中の子供達は、ゲーム機・スマホ・タブレット・携帯のような小さな画面を見続けると、大人よりもずっと急速に、調節力を衰えさせ近視の進行を異常に早めるようです。
そうした子供達が、大人になって強度近視になっていき、(最近は平均寿命が長いので)正常眼圧緑内障や黄斑変性をおこしていくおそれが多くなる、のが案じられます。

クイック返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>