高齢者社会の眼疾患

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本が長寿国になっていくにつれて高齢者社会となってきました。

以前は「白内障手術など受ける前に、寿命が終わってしまう」と言うような時代もありました。最近では、「視力低下」を訴えて眼科受診される患者さんを診せて頂くと、加齢に伴う白内障だけでなく、緑内障・黄斑変性・眼底出血・網膜前膜などの疾患が見つかることがあります。こうした眼疾患の発見が出来るようになったのは、OCTなどの検査器械の進歩によるところが大きいと思われます。
そして、少し前までは、「そこそこ視力が出ていて日常生活に不自由ないならこのまま様子を見ましょうか」と言うことが多かったのですが。最近では、「患者さんの親や伴侶の介護のために夜間も車の運転をしなければならないので、よく見えないと」と言うような状況も増え、白内障手術と同時に黄斑あるいは網膜の手術のおこなう、ことが多くなっています。これも、手術法の進歩に負うところが多いと思われます。

「日常生活を行う上で、どの程度まで見えれば不自由ないか」と言うのは、人それぞれだと思われますが、ご自分の目の状態を知り、最近の眼科手術ではどこまで治せるか、知っておくのも大事なことかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>