高齢者の視力低下の原因は白内障だけではありませんー網膜前膜

このエントリーをはてなブックマークに追加

比較的高齢の患者さんで「視力低下」を訴えて来院される場合、

まず白内障による場合が多いです。白内障は、以前と違って、痛い麻酔の注射もなく10分足らずで手術出来るようになりました。

親から貰った水晶体と違って、人工水晶体になるので、それはそれでまたいろいろ予期せぬ訴えも出てくるのですが。

緑内障が見つかる場合もあります。これは、緑内障治療の対象となります。

網膜前膜も、高齢の患者さんに見られる眼疾患です。OCT(光干渉断層像)の普及により網膜の断面図が見られるようになり、診断がつきやすくなりました。

網膜の前にセロハンのような薄い膜がはり、収縮してくると網膜を引っ張ります。黄斑部の上に膜が張ると、視力が落ちたり歪んで見えたりするようになります。

治療としては、膜を剥がす手術をおこないます。

白内障手術と同時に網膜前膜除去手術を行う場合もあります。

白内障の手術を受けた後でも、「網膜前膜で見えにくい」と言う場合もあります。

以前なら、「そこそこ見えていれば様子をみましょう」と言うことが多かったのですが、人生100年時代となり、網膜前膜除去術をお勧めする患者さんが増えています。

診断機器の進歩により正確な診断が可能となり、手術の技術も向上しました。

寿命が延びた分、視機能を維持して、良い人生を送って頂けますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>