コンタクトレンズの処方について

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、「コンタクトレンズ処方箋だけ発行してほしい」とか「ネットでコンタクトレンズを買うので、データだけ教えてほしい」と言う患者さんが増えています。

使い捨てあるいは定期交換型ソフトコンタクトレンズの方が多いのですが、コンタクトレンズ量販店やネットで購入した方が安価なので、しかたないのですが、やはりコンタクトレンズは角膜の上に直接乗せて使う物なので、ご自分の目に合ったコンタクトレンズを使って頂きたい。

コンタクトレンズ装用希望の患者さんが来院された場合は、屈折検査・角膜曲率半径測定検査をして、装用すべきコンタクトレンズの種類・データなどを選び、眼位検査・眼圧検査・眼底検査などで眼科疾患がないか検査してから、コンタクトレンズ処方します。

選んだコンタクトレンズも、装用して見え方・装用感・コンタクトレンズの動きを診て目に合っているか(フィッティング)を検査してから、お試し用コンタクトレンズを装用して帰って頂きます。

装用して帰った時は調子良くても、何時間が装用していると異物感や充血など出て来る場合もあり、慎重に選んで頂きたいのです。

パッパッと合わせて処方出来る場合もありますが、角膜曲率半径の大きな方小さな方、強度近視の方・遠視の方・乱視の強い方、老眼の始まっている方、いろんな方がおいでです。

きちんと検査を受けて、ご本人の目に合ったコンタクトレンズを装用して、快適にお過ごし頂きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>