幼児の視力

このエントリーをはてなブックマークに追加

生まれた時にはまだ十分出来上がっていなかった視神経の回路が、成長とともに形成されていき、3歳頃をピークに完成していきます。と、視覚(視力・両眼視機能・眼球運動機能)も発達して、6歳頃には視力が1.0以上になります。

以前は、就学時(6歳)に初めて視力検査を受けて視力不良がわかることが多かったのですが、それでは視覚発達時期を過ぎているので、1990年から三歳児眼科検診に視力検査が導入されました。自覚的視力検査が可能になるのが3歳頃です。3歳頃に視力不良とわかった子どもは、「見えない」原因をみつけるために精密検査を受け、視力不良の原因を明らかにし、原因に合った治療によって「網膜上に焦点を結ぶ」(つまり「ハッキリ見える」)ようになります。視覚発達時期に「網膜上に像を結ぶ」ことができるようになると、その時点から視神経の回路が作られていきます。視力の改善が期待できるので、弱視にならないですみます。「弱視」とは、「視力の発達が障害されておきた低視力」のことで、眼鏡をかけても視力が十分でない場合に使われます。

残念ながら、三歳児健診の会場で視力検査を実施している自治体が少なく、多くの自治体は一次視力検査を保護者任せにし、家に視標を送って「家で視力検査をやって下さい。異常があれば健診会場で言って下さい」と言うやり方なので、視力不良を見逃して弱視になる幼児も少なくありません。子供は自分から「見えにくい」とは言いませんので、周囲の大人が「斜視がある」とか「見えにくそうにしている」とか気づかなければそのままになることが多いのです。

最近、乳幼児用に開発されたフォトスクリーナーが普及し、小児科で屈折異常・眼位異常を指摘されて来院される乳幼児を見かけます。それは喜ぶべきことだと思いますが、眼科での視力検査が必要です。

幼児の視力検査は、学童や大人と違って、集中出来る時間が短く、手間がかかってなかなか大変ですが、未来を担う子供達は大切にしなければ。

また、眼科で屈折異常や眼位異常を検査して、メガネを作って視力が出てきても、「メガネをかけていると遊ぶ時など危険なので」と言う保育園もあると聞きました。動きの活発な幼児を預かる保育園・幼稚園の先生方も大変ですが、子供の視機能を守るために、ご理解頂きますようどうぞよろしくお願いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>