目の症状からわかるいろいろな病気  ①痛い

他科の医療機関のスタッフから、「目の症状から身体の病気がわかることはあるか?」と、訊かれました。
今回は、そう言う観点から書いてみました。初回のテーマは「痛み」です。

1..外傷
■症状:目が痛い
■原因:目に異物(ゴミ・鉄粉・木くずなど)が入る。物が当たる。薬品が飛入する。紫外線を浴びる。その結果、結膜や角膜に傷を生じている。
■治療方法:異物は、眼科で除去し、治療します。薬品が入った場合は、出来るだけ速やかに多量の流水で洗眼して、入った薬品を薄めます。その後、傷を治療します。
■予防方法:異物・薬品;紫外線などが目に入るおそれがある場合は、保護眼鏡などを使用する。

2.感染症
■症状:下記原因により対象の部位が痛む
■原因:目イボは、細菌による、まぶたの感染症。
流行性角結膜炎は、アデノウイルスによる感染症。
帯状ヘルペス・角膜ヘルペスなどは、ヘルペスウイルスによる感染症。
■治療方法:抗生物質・抗ヘルペス治療薬・消炎剤など、薬物治療を行ないます。
■予防方法:免疫低下・体力低下を避ける。

3.眼精疲労
■症状:パソコン作業や近見作業を長時間続けた後、目の奥が痛い。
■原因:遠視・乱視等の屈折異常や眼位異常を矯正せず、目に調節負荷をかけている。
■治療方法:屈折検査や眼位の検査を行ない、適切な眼鏡・コンタクトレンズによる矯正をする。斜視の場合は、手術が必要なこともある。
■予防方法:適度な眼鏡やコンタクトレンズを装用しましょう。

4.緑内障
■症状:閉塞隅角緑内障の急性発作の場合は、激しい頭痛・吐き気・胃痛をおこす。(24時間以内に眼圧を下げないと、失明する場合があります)
開放隅角緑内障でも、眼圧が高い場合は、眼痛を生じます。
■原因:隅角(角膜と虹彩の隙間)が狭い、あるいは隅角の「房水を排出するポンプ作用」の働きが不十分。
■治療方法:抗緑内障点眼薬、手術。
■予防方法:早期発見早期治療が重要です!!!

現代っ子に多い近視

新学期が始まって、学校検診のシーズンになりました。

最近では、小学3~4年生くらいから、近視の学童が増えて来ています。

近視と言うのは、近くにピントが合いやすくなった状態です。

勉強、読書、漫画、テレビ、ゲーム、などなど、子供の近業(近くのものを見ること)の時間は、
年々増え続けていますから、近視の子供達が増えていくことに、不思議はないとは思います。

よく、保護者の方から、「近視は治りませんか?」と、訊かれます。

残念ながら、現在の医学では、目薬などの治療方法では近視を治すことは不可能です。

プロゴルファーやプロ野球選手が受けているレーザーによる角膜の屈折矯正手術などは、
これから成長していく子どもにとっては、安全性などの多くの点で、問題があります。

眼科を受診して、近視・遠視・乱視などの屈折異常がないか検査を受け、必要なら眼鏡あるいはコンタクトレンズを処方してもらうことを、お勧めします。

早く眼鏡をかけたから近視が治る、と言うことはありませんが、ピンぼけの状態のまま放置しておくと、視力が出にくくなることもありますので、要注意です。